シェアする

【クラウドソーシング】高単価案件をゲットする上で大切なこと

また最近昼夜逆転してしまいました、どうも、葉月(@hazuki_wtg)です。

クラウドソーシングでお仕事を取っている人にとって、文字単価は気になるものですよね。クラウドソーシングで出ている案件をざっと見ると、文字単価1円を切っている案件をかなり見かけます。

初心者の方はしばらく0.5円~0.7円あたりの案件を狙って仕事を取ってみる・・・とアドバイスしているのをよく見かけますが、私は序盤から文字単価1円以上の高単価案件を狙ってみても良いのではないかと思っています。

文字単価1円の案件はレベルが高い?

文字単価1円の案件は、求められるレベルが高いのか?という疑問に対して、私は必ずしもYESとは言えないのではないかと思います。

なぜなら、求めるクオリティーはクライアントさんによって異なるからです。文字単価が0.7円の案件であっても、1円の案件であっても、同じくらいのクオリティーを求められることはありますし、0.7円案件の方がチェックが厳しい場合もあり得ます。

私の例を挙げると、高いクオリティーを求めてくるのは、私が持っている案件の中で一番文字単価が低い案件のクライアントさんです。逆に、一番高単価な案件のクライアントさんは、割と大雑把な確認をする人なので、それほど修正は入りません。

さらに言うと、一番単価が低い案件のテストライティングは、3回も直しが入ってようやく合格できました。対して、高単価案件のテストライティングは、少し書きにくいテーマだったので、あまりクオリティが高い記事ではなかった(と私は思っている)にもかかわらず、合格にしていただきました。

極端な例ですが、この2つの案件から、「文字単価が高い=求めるクオリティが”絶対”高いわけではない」というのが私の認識です。(ただ、高いお金を払っている分、記事の完成度にこだわる人は、高単価案件のクライアントさんに多いとは思います。まだ高単価案件でキツイ人に出会ったことがないのでなんともいえませんが・・・)

稼ぎたい!ステップアップしたい!と思っていても、自分にはまだ早いと思い込んで、高単価案件を避けるのは勿体無いことだと思うのです。文字単価0.5円案件で書いている記事のクオリティーは、文字単価1~2円案件でも十分通用する可能性があるかもしれません。

自分の成長と報酬アップのためにも、腕試しに定期的に高単価案件に応募してみるのがオススメですよ!

とりあえずアタックしてみようぜ

クラウドソーシングを始めたばかりの人でも、ブログを書く程度の文章が書けるのであれば、文字単価1円案件は取れると確信してます! いける!! 

文字単価2円案件も割とすぐに取れると思います。ただ、文字単価3円以上はある程度のライティング実績が必要だと思うので、文字単価2円以下の案件を何件かこなした後にアタックすると良いかと。

私はまだライター歴4ヶ月目くらいですが、1つ確信していることがあります。高単価案件をゲットする上で大切なのは、めげずにアタック(提案)し続ける根性!

自分よりずっと実績がある人たちが応募していようが、気にせずに提案!ライターを採用する基準はクライアントさんによって違いますし、「もしかして自分がその基準に達しているかもしれない・・・」と思えば、とりあえず提案しとこって思いませんか?

「自分なんかでいいのかな・・・」という考えは一切捨て、アタックしてみる勇気が必要だと思うのです。

最初は受からないことの方が多いかもしれませんが、めげずにアタックし続ければ案件は取れるはず!私も日々奮闘しているので、一緒にがんばりましょー!

スポンサーリンク