シェアする

ライティング素人の主婦がライター歴1ヶ月半強で認定ランサーになった話

こんにちは。葉月(@hazuki_wtg)です。

今回は、私がランサーズを始めて1ヶ月強で認定ランサーになったときのことを綴りたいと思います。

”認定ランサー”になった日

忘れもしない、6月4日。
夫と団欒していたところに、一通のメールが来ました。
なんだろうと思って見てみてると・・・

!?!!?

思わず歓喜の声をあげました(笑)

まさかランサーズに登録して1ヶ月半強で「認定ランサー(※)」の称号をいただけたのです!

※以下の基準を満たしている人に与えられる称号です。
認定ランサーになると直接依頼が増えたり、提案が通りやすくなるようです。

1. 獲得報酬額                : 各カテゴリの上位20%
2. クライアントからの評価          : 4.8以上
3. 仕事完了率                : 90%以上
4. 送信したメッセージの24時間以内率      : 80%以上
5. 計9箇所のプロフィール項目の記入

http://www.lancers.jp/faq/l1005/328

認定ランサーになることは、一つの目標だっただけにとても嬉しかったのを覚えています。

因みに、このメールを受け取った当時の実績は

評価数:14

合計獲得額(not手取り):6万円ちょっと

(あれ、意外にこんなもんで認定されてしまうのか・・・)と少し拍子抜けしました。

因みに、未だ認定ランサーの恩恵は感じられていません!笑

認定ランサーになるまで意識していたこと

認定ランサーになるまで、意識していたことについて書き出します。

★納期厳守

★報告・連絡・相談(ホウレンソウ)はしっかりと!

★構成から考えるタイプの案件は、構成が完成した段階で一旦確認してもらう

★文字単価1円以上に提案する

★臆せずに提案&提案(打率は4~5割)

★提案文は経歴以外コピペNG

★メッセージの返信は半日以内にする

★修正は快く受け入れる

★リサーチはやりすぎか!ってくらい念入りに

★時給は考えない

こんなところでしょうか。

正直、私はそれほど文章は上手くはないです。
文章作成スキルはまだ発展途上でも、クライアント様に真摯に対応することが、条件の良い仕事を獲得するためにとても大切なことなのではないかと感じています。

文章力で、経験豊富なライターに新米ライターが適うはずありません。
クライアント様も、私と経験豊富なライターを天秤に掛けるのならば、躊躇なく経験豊富な方を取るはず。

では、クラウドソーシング上で経験豊富なライターとどう戦えば良いのでしょうか。

私は”使える”ライターであることをアピールすることが大切だと思っています。

例えば、

・時間に融通がきく
・何でも挑戦する姿勢
・学ぼうとする姿勢
・時には意見も言う
・謙虚なやり取り

などなど。

クライアントさんが「このライターさんと仕事しやすいなー」と思ってくれれば儲けもの。

とはいえ、クライアントに尽くす余り、自分のキャパシティーを超えて仕事を受けてしまうと、後々パンクしてしまう恐れがあるので注意が必要です。
因みに私はこれで何回かパンクしそうになりました・・・(汗)

「何でもかんでも仕事の依頼を受けてしまう」のは、フリーランスあるあるだと思いますが、潰れてしまっては元も子もありません。

自分のキャパシティーを見極めるのも仕事の一つ・・・と、偉そうに言っておりますが、これが今の私の一番の課題だったりします(泣)

認定ランサーになったからと慢心せずに日々精進!

自分のキャパを考えつつ、クライアント様とより良い仕事ができるよう、引き続き尽力していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた明日~!




スポンサーリンク